せどり・中国輸入・米国アマゾン・サイトアフィリエイトで自己資金を貯め不動産投資で不労所得を得る方法-お金と時間を手に入れて人生をHAPPYに満喫しよう-サラリーマン・公務員・主婦に副業を教えます。現在8桁を目指しています!

元陸上自衛官のせどり・アフィリエイト・不動産投資ブログ

中国輸入ビジネス

購入者とのやりとりランキングとマナーのない購入者たち・・

投稿日:

アマゾンと違って、Yahoo!ショッピングは購入者のやりとりが多いです。

一番多いのは「まだ届かない」です。

多くの場合、届いています。

ポストに入らない場合、配達員は不在票をポストに入れるのですが、不在票がほかの郵便物の間に挟まっていたりして気がつかないパターンが多いです。

あとは誤配ですが、これは受け取った人が郵便局に返却しない限り出てきません。

たまに誤配もあります。

2番目に「キャンセルしたい」「支払い方法を変更したい」というのも多いです。

3番目は「領収書が欲しい」です。

これは、領収書自動発行システムを導入すれば減らすことが出来ます。

あとは、「納品書や領収書は不要」「金額のわかるものは入れないで」です。

トラブルが多いのは「まだ届かない」です。

一部ですが、上から目線で文書も威張った感じでクレームを入れてきます。

「最寄の郵便局に問い合わせていただけませんか」とメッセージを送ると「なんで、客が問い合わせるんじゃい」「消費者センターに詐欺ショップと通報するぞ」とかありました。

そんな書き方すると、ショップ側も雑に対応したくなります。

こっちとしては、購入者の個人情報は全て把握済みですし、やりとりもメールで保存されているので、法的には全く怖くありません。

ほぼ、全て証拠として残されます。

住所、氏名、電話番号などショップに把握されていると知っていたら、こんなクレームを入れないと思います。

間抜けですね。

-中国輸入ビジネス

Copyright© 元陸上自衛官のせどり・アフィリエイト・不動産投資ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.