せどり・中国輸入・米国アマゾン・サイトアフィリエイトで自己資金を貯め不動産投資で不労所得を得る方法-お金と時間を手に入れて人生をHAPPYに満喫しよう-サラリーマン・公務員・主婦に副業を教えます。現在8桁を目指しています!

元陸上自衛官のせどり・アフィリエイト・不動産投資ブログ

税金

アフィリエイと物販の消費税の考え方

更新日:

去年まではアフィリエイトは副業時代に作成したサイトから報酬が発生していました。
SEOも、ほとんど力を入れていなかったのですが、不思議と報酬が前年比よりもアップしていました。

今年に入ってから中国輸入よりもアフィリエイトの方がビジネスモデル的に優れていると判断しフィリエイトに仕事をシフトしていました。
そのため、中古ドメインを100万円以上買っていると思います。

おかげで、今年も前年比よりもアフィリエイト報酬がアップして、ずーっと7桁を維持しております!
でも、今年から消費税を納めないといけないので、その分が利益から減ってしまいます(-_-;)

でも、アフィリエイトの良いところは、物販は赤字で販売しても消費税を納めないといけないので赤字幅が多くなりますが、アフィリエイトはそういうところがありません。

消費税が10%に上がった場合、物販で消費税課税事業者になっている方は、もろに増税のダメージがくると思います。
増税したからって、アマゾンの販売価格を増税分値上げする訳にはいかないからです。

しかし、アフィリエイトは消費税が上がっても、上がった分はきちんと広告主から頂けるので、安心して納税できます。
毎月の確定報酬から消費税納税分を別口座にストックしておけば、いぜ納税するときに慌てることはありません。
ドメイン代やサーバー代の消費税が上がっても、発生する報酬に比べれば微々たるものですからね。

あと、中国輸出入ビジネスで船便の混載便で仕入れている方は輸入証明書がもらえないので、消費税が控除できず販売価格の8%を納材しなければいけません。
(私は税理士ではないので、税務のことは税務署か税理士に確認して下さい)
これは、利益に大打撃を与えますので肝に銘じて下さい。

まとめ
物販は赤字で販売しても消費税は払わないといけない。
混載便は消費税が控除できないので8%をまるまる納税しなければならない。
サイトアフィリエイトは赤字販売ということがないし、広告主からしっかりと消費税分をいただける。

-税金

Copyright© 元陸上自衛官のせどり・アフィリエイト・不動産投資ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.