せどり・中国輸入・サイトアフィリエイトで自己資金を貯め不動産投資で不労所得を得る方法-お金と時間を手に入れて人生をHAPPYに満喫しよう-サラリーマン・公務員・主婦の副業を教えます

元陸上自衛官シュンのアフィリエイト・中国輸入ビジネスで経済的自由を得る方法

不動産投資

不動産投資 融資の扉が閉まるかも!

投稿日:

私は不動産投資もやっていますが、金融機関の融資方針や融資基準というものは、とても大切な情報です。
どんなにいい物件情報を手に入れても、お金を融資してくれなければ普通の方は購入できないからです。

2004年くらいに三井住友銀行がサラリーマンにフルローンを出し始めたことからサラリーマンの不動産投資がブームになってきました。
1億の物件を購入するのに、1億を融資してくれるのです。

しかも、諸経費が7%くらいかかるので700万円を自己資金で用意しなければなりません。
この諸経費も融資で引っ張る方法までありました。

当時、この手法を使って三井住友銀行からオーバーローンを引くセミナーが50万円で開催されていました。
そのセミナーに出席した方の多くは、今では考えられないほどの条件の良い物件を次々と購入していきました。

あのころは、バブルの後遺症で埼玉や神奈川で利回り12%超えのRC物件が普通に売られていたそうです。
地方に行けば、利回り20%超えのRC1棟ものはゴロゴロしていました。

そして、それら物件を購入したサラリーマンがリタイヤして情報発信して不動産投資の先生のような存在となっています。

不動産投資で成功した方は本を書いてメルマガで集客をしてさらに稼ぎました。
不動産のセミナーを受けて不動産投資の仕組みがわかった人は、物件を購入します。
この繰り返しで、物件価格はどんどん高騰していきます。

最近では、円安で日本の不動産や株が海外投資家から見て割安に感じるので、海外投資家が不動産や株をかい、さらに割高になっていきました。
トランプ相場で円安になると、株がどんどん上がっているのを見ればわかります。

物件を持っていない人は、もう欲しい欲しい病になっているので、物件価格があがるともっともと欲しくなるなるんですね。

また、相続税もあがったので、アパートメーカーの営業マンが地主に相続税対策の営業をかけます。
私の地元の田んぼにも、立派な新築アパートがポコポコと建ってきました。

私はいくつかの不動産投資メルマガを購読しているのですが、多くの不動産投資家が今年は物件を売却しています。
相場の流れがわかる人たちは売り時と感じるわけです。

私もブログに書きましたが、保有している物件を売るかどうか不動産投資コンサルタントに相談に行きました。

そんな状況で金融庁が銀行に調査に入るとニュースが出ました。
銀行の動きも早いもので、サラリーマン向けの不動産投資の融資を一気に閉めたようです。

これから、転売目的で物件を仕入れた業者が売るに売れず投げ売りがはじまると思います。
その後は、空室に悩む大家さんが売却してきます
しかし、融資が付かないので任意売却に・・

この状況はサブプライムローンやリーマンショックの時にもありました。

そんな物件が増えてさらに下がったところに、今年物件を売ってキャッシュ持っている投資家が指値を入れて購入していきます。

相場には波があります。
過去からずーっと繰り返されています。

なので、未来の相場も当然に波があるのです。
その波にうまく乗れる投資家がさらに儲かり、わざわざ波に向かって投資をする投資家がカモられるのです。

一言で書くと、情報弱者が常に情報強者に搾取されるのです。

-不動産投資

Copyright© 元陸上自衛官シュンのアフィリエイト・中国輸入ビジネスで経済的自由を得る方法 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.